大切な時を彩る 贅沢なお弁当

お弁当 千家桜の想い

美味しい時間は
人それぞれ
最も美味しいと思う料理は、
最高の食材、最高の料理人、最高の接遇にあらず。
食を共にする方々との語らいとともにそれがある。
お弁当千家桜(おべんとう せんか さくら)。
美味しい時間は人それぞれ!千の家ほどあまたある。
美味しい時間と思い出と共に “お弁当しませんか”。

美味しい時間の
エピソードSenka Episode

  • 01

    満面の笑み

  • 02

    久しぶり

  • 03

    お疲れー

  • 04

    あした帰ってくる

  • 05

    落ち着く場所

  • 06

    ありがとう

  • Episode 01

    満面の笑み
    じいちゃん、ばあちゃん、そして私たちの見守る中、今日一升の餅を背負う。
    一歩、一歩、左右にふらつきながら、拍手で声をかけるママのもとに。
    これからの人生を表すかのような姿に、あふれんばかりの笑顔で皆は成長を願う。
    そして、こんな日だから皆が揃って一緒に食事をすることの幸せを感じる。
    我が子の成長と共にまた一緒に特別な食事を・・・。
    お弁当しませんか。
    じいちゃん、ばあちゃん、そして私たちの見守る中、今日一升の餅を背負う。
    一歩、一歩、左右にふらつきながら、拍手で声をかけるママのもとに。
    これからの人生を表すかのような姿に、あふれんばかりの笑顔で皆は成長を願う。
    そして、こんな日だから皆が揃って一緒に食事をすることの幸せを感じる。
    我が子の成長と共にまた一緒に特別な食事を・・・。
    お弁当しませんか。
  • Episode 02

    久しぶり
    久しぶりだ。子供の頃は泥まみれになって日が暮れるまでよく遊んだものだ。
    そして大人になり家族を持ちそれぞれの道を歩んできた。
    (親戚とは言え)何年ぶりだろう。
    白髪と顔のシワに面影を感じながら、昔話に花が咲く。
    お元気でね。そしてまた一緒に特別な食事を・・・。
    お弁当しませんか。
    久しぶりだ。子供の頃は泥まみれになって日が暮れるまでよく遊んだものだ。
    そして大人になり家族を持ちそれぞれの道を歩んできた。
    (親戚とは言え)何年ぶりだろう。
    白髪と顔のシワに面影を感じながら、昔話に花が咲く。
    お元気でね。そしてまた一緒に特別な食事を・・・。
    お弁当しませんか。
  • Episode 03

    お疲れー
    昨日までの雨がウソのよう。晴れわたる青空に爽やかなそよ風が吹く。
    屋外だからこそ、この特別な料理がさらに映える。
    集まった皆の顔も清々しく今日の空のように晴れわたっている。
    つまずいたことも壁にぶちあたったこともあった。
    でも今は成し遂げた想いでいっぱいだ。
    『お疲れー!』同志と共に、また一緒に特別な食事を…。
    お弁当しませんか。
    昨日までの雨がウソのよう。晴れわたる青空に爽やかなそよ風が吹く。
    屋外だからこそ、この特別な料理がさらに映える。
    集まった皆の顔も清々しく今日の空のように晴れわたっている。
    つまずいたことも壁にぶちあたったこともあった。
    でも今は成し遂げた想いでいっぱいだ。
    『お疲れー!』同志と共に、また一緒に特別な食事を…。
    お弁当しませんか。
  • Episode 04

    あした帰ってくる
    3人の子供に恵まれ、その子たちもそれぞれに子供を授かった。
    幾多の苦難を乗り越え、ここにたどり着いたんだ。
    いつもはあなたと二人きりで静かに流れる時も、あした嵐がやってくる。
    でもこんな嵐ならまた来ても嬉しい。
    私の自慢の一品と共に、今日は特別な食事を・・・。
    お弁当しませんか。
    3人の子供に恵まれ、その子たちもそれぞれに子供を授かった。
    幾多の苦難を乗り越え、ここにたどり着いたんだ。
    いつもはあなたと二人きりで静かに流れる時も、あした嵐がやってくる。
    でもこんな嵐ならまた来ても嬉しい。
    私の自慢の一品と共に、今日は特別な食事を・・・。
    お弁当しませんか。
  • Episode 05

    落ち着く場所
    洒落たレストランもいいが、一番落ち着くのはここ。
    一緒に過ごしてもう25年になる。これまで節目ごとに大見栄を張って特別なお店に予約をとってきた。洒落た雰囲気にシェフ最高の料理。じっくり選んだかいがあった。でもかしこまった振舞いは何故か窮屈に感じていた。
    やっぱり我が家のリビングの方が会話が弾む。
    ありふれた所で特別な食事を・・・。
    お弁当しませんか。
    洒落たレストランもいいが、一番落ち着くのはここ。
    一緒に過ごしてもう25年になる。これまで節目ごとに大見栄を張って特別なお店に予約をとってきた。洒落た雰囲気にシェフ最高の料理。じっくり選んだかいがあった。でもかしこまった振舞いは何故か窮屈に感じていた。
    やっぱり我が家のリビングの方が会話が弾む。
    ありふれた所で特別な食事を・・・。
    お弁当しませんか。
  • Episode 06

    ありがとう
    毎日毎日、当たり前の日常に食事がある。
    たまに手伝うこともあったが、欠かすことなく作り続けてくれている。
    当たり前すぎる日常に慣れてしまっているから気づけなかった。
    ありがとう。今日ぐらい特別な食事を・・・。
    お弁当しませんか。
    毎日毎日、当たり前の日常に食事がある。
    たまに手伝うこともあったが、欠かすことなく作り続けてくれている。
    当たり前すぎる日常に慣れてしまっているから気づけなかった。
    ありがとう。今日ぐらい特別な食事を・・・。
    お弁当しませんか。

お食事シーン

  • 子供の成長

    • お七夜
    • 初節句
    • 七五三
    • 卒業
    • 成人
  • 成人の節目

    • 結納
    • 結婚
    • 出産
    • 錫婚式
  • 行事

    • 正月
    • 端午の節句
    • 敬老の日
  • 行楽・レジャー

    • お花見
    • ハイキング
    • キャンプ
  • 供養の節目

    • 通夜式
    • 告別式
    • 一周忌
  • 会議・会合

    • 会食
    • 育成会
    • 町内会

ご注文・お問合せ

お電話・FAXからのご注文も承ります。

〒320-0072 栃木県宇都宮市若草4丁目8−25
千家桜の由来
「弁当」とは、今から千数百年前の中国南宋時代の俗語で「便利なこと、好都合」を意味する言葉が語源とされています。
米を文化とした日本にはこの弁当の習慣が古くからあったようで、様々な工夫がなされ今に受け継がれています。
弁当の器や保存方法が発展していき、そして料理も。
温かいものをより真心込めて温かく。弁当はどんなシーンでも美味しくいただける「料理の極み」なのです。
千家(せんか)
私たちが歩んでいくライフステージは、あらゆるシーンと共に育まれていきます。
私たちは、そうしたシーンで記憶に残るおもてなしの想いを大切にしてきました。
人生の節目ごとは千の家ほどあまたあり、食を通じてその期待にお応えいたします。
幾千もの節目を新しいスタイルの弁当でおもてなしをしたいという想いをこめて、千家と名付けさせていただきました。
良き想いと出逢いの節目に、お弁当をしませんか。
おかずくらぶ
食を彩るわき役たちが集う おかずくらぶ
お米を主食とする日本食は一汁三菜と言われ、健康増進食として今や世界でも注目されており日本食が拡がりつつあります。その日本食を彩るおかずは、OKAZUの言語まで生まれるほどです。
「おかずくらぶ」は、ごはん、パン、麺などをより引き立たせるわき役たちを手仕込みで取り揃え、飲食店のプロの味を身近で手軽に味わっていただけるお店です。
厳選された「和牛」その中でもA4・A5ランクのお肉を使用。塩はインディオの秘塩「ローズソルト」こだわりの素材を使用した本格的なステーキをお楽しみいただけるお店です。

お弁当千家桜は、「和牛ステーキ桜」のこだわりを受け継ぐテイクアウト専門店です。